David Fincher / デヴィッド・フィンチャー

デヴィッド・フィンチャー(David Fincher, 1962年8月28日 – )は、アメリカ合衆国の映画監督。コロラド州デンバー市出身。フィンチャーによる作品はどれも色調を抑えた暗い画づくりが特徴。嫌いな色はピンク。

1980年にILMのアニメーターとして働きはじめ、1984年まで所属した。
1986年、ビデオ製作会社「Propaganda Films」を設立。マドンナ、ジョージ・マイケル、エアロスミス、ローリング・ストーンズなどのミュージックビデオや、数多くのCMを手掛けた。
1992年、『エイリアン3』で映画監督デビュー。初監督作品としては史上最高の製作費で作られたが、ストーリーがあまりにも暗く、興行的にも内容的にも失敗作とされた。また出演者のシガニー・ウィーバーやマイケル・ビーンとのトラブルが絶えず、ウィーバーからは「アンタこそエイリアンよ!」と言われ、ビーンからは肖像権問題で危うく訴えられそうになり、前作以上の出演料を払うことになるなど、デビューは華々しいものではなかった。
1995年、『セブン』、『ファイト・クラブ』の成功により、フィンチャーは一躍ヒットメイカーとして注目されるようになる。
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、『ソーシャル・ネットワーク』ではアカデミー監督賞にノミネートされた。

David Fincher / デヴィッド・フィンチャー監督の映画

 ・ エイリアン3 Alien3 (1992年)
 ・ セブン Seven (1995年)
 ・ ゲーム The Game (1997年)
 ・ ファイト・クラブ Fight Club (1999年)
 ・ パニック・ルーム Panic Room (2002年)
 ・ ゾディアック Zodiac (2007年)
 ・ ベンジャミン・バトン 数奇な人生 The Curious Case of Benjamin Button (2008年)
 ・ ソーシャル・ネットワーク The Social Network (2010年)
 ・ ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tattoo (2011年)
 ・ ゴーン・ガール Gone Girl (2014年)

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。