09. The Girl with the Dragon Tattoo (2011) / ドラゴン・タトゥーの女

『ドラゴン・タトゥーの女』(ドラゴン・タトゥーのおんな、原題:The Girl with the Dragon Tattoo)は、2011年のアメリカのミステリー映画。スティーグ・ラーソンの推理小説『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』を原作としており、2009年に公開されたスウェーデン版映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』に次ぐハリウッド映画化である。第84回アカデミー賞で編集賞を受賞。

amazon : The Girl with the Dragon Tattoo (2011) / ドラゴン・タトゥーの女
amazon prime : The Girl with the Dragon Tattoo (2011) / ドラゴン・タトゥーの女
・ Hulu : The Girl with the Dragon Tattoo (2011) / ドラゴン・タトゥーの女
・ U-NEXT : The Girl with the Dragon Tattoo (2011) / ドラゴン・タトゥーの女
Youtube : The Girl with the Dragon Tattoo (2011) / ドラゴン・タトゥーの女

09. The Girl with the Dragon Tattoo (2011) / ドラゴン・タトゥーの女のあらすじ

記者ミカエル(ダニエル・クレイグ)は闇の大物実業家の武器密売をスクープし、名誉毀損で訴えられ裁判で敗訴し全財産を失う。失意のミカエルに、別の大物実業家ヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)から電話がかかってくる。一族の謎を解明して欲しいとの依頼で、見返りに裁判判決を逆転させるような証拠を渡すという。謎とは、40年前に行方不明になった16歳の少女のことであり、一族の誰かに殺されたという。
依頼を引き受けたミカエルは、猟奇連続殺人に関わる一族の秘密を知ることになる。ミカエルは、彼に興味を持ったドラゴンの刺青をしたフリーの天才女ハッカーであるリスベット(ルーニー・マーラ)とともに捜査を進め、すべての謎と事件を解決していく。

関連記事

  1. 11. The Girl in the Spider’s Web (2018) / 蜘蛛の巣を払う女

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。