Mank マンク (2020)

映画史に輝く、不朽の名作「市民ケーン」誕生の舞台裏を描くNetflixオリジナル映画。後に「市民ケーン」の脚本で、アカデミー賞脚本賞を受賞する、主人公のアルコール依存症の脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツをオスカー俳優ゲイリー・オールドマンが演じ、デビッド・フィンチャーが監督した。2020年12月4日からのNetflixでの独占配信に先駆けて、2020年11月20日から、劇場限定公開。

監督:デビッド・フィンチャー
出演:ゲイリー・オールドマン、アマンダ・セイフライド、チャールズ・ダンス

NetFlix : Mank マンク (2020)

Mank マンク (2020)のあらすじ

1930年代のハリウッド。アルコール依存症の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツは、オーソン・ウェルズが、監督、主演する「市民ケーン」の脚本の仕上げを急いでいた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 07. The Curious Case of Benjamin Button (2008) : ベンジャミン・バトン 数奇な人生

  2. 08. The Social Network (2010) : ソーシャル・ネットワーク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。