01. Alien3 (1992) / エイリアン3

『エイリアン3』(エイリアンスリー、Alien³)は、1992年のアメリカ映画。

エイリアンシリーズの3作目である。監督は『セブン』、『ファイト・クラブ』で知られる、デヴィッド・フィンチャーであり、彼の映画初監督作品でもある。今作ではシガニー・ウィーバーは頭髪をすべて刈り、坊主頭にするなど、強い印象を残した。

amazon : Alien3 (1992) / エイリアン3
amazon prime : Alien3 (1992) / エイリアン3・ Hulu : Alien3 (1992) / エイリアン3
U-NEXT : Alien3 (1992) / エイリアン3Youtube : Alien3 (1992) / エイリアン3

01. Alien3 (1992) / エイリアン3 のあらすじ

惑星LV-426のエイリアン殲滅作戦後、冷凍睡眠につく隊員たちを乗せて地球に帰還していたはずの植民地海兵隊の宇宙船スラコ号は、謎の事故を起こしていた。スラコ号から切り離された脱出艇はある惑星で回収されたが、共に生還したはずのヒックスやニュートが着陸の際に死亡、ビショップも機能を停止しており、リプリー(シガニー・ウィーバ)は涙に暮れる。
脱出艇が漂着した先は、宇宙の流刑惑星フィオリーナ161(通称フューリー)だった。惑星には数十名の凶悪な男性囚人が、戒律(宗教的規律)の元で心静かに自活的な生活をおくり、放射性廃棄物を収める鉛のコンテナを作る作業に従事していた。唯一の女性であるリプリーの出現に、惑星の秩序は一時危機をむかえるものの、囚人頭であるディロンが再び囚人達をまとめる。
そんな状況下で、脱出艇に潜んでいたフェイスハガーによってエイリアンが生まれ、活動を始めた。スラコ号の事故の真相は、脱出ポッド内にエイリアン・クイーンが卵を生み落していたことに気づかないままリプリー達が冷凍睡眠に入ってしまい、その間に生まれたフェイスハガーによってポッドが故障したというものだった。 凶悪で強靭な事にかけては、人並みはずれたさしもの囚人たちも、武器なしには対抗できず、成す術も無いままエイリアンの餌食になっていく。リプリーは因縁に決着をつけるため、囚人達と団結してエイリアンを倒そうとする。

関連記事

  1. 02. Seven (1995) / セブン

  2. 05. Panic Room (2002) / パニック・ルーム

  3. 03. The Game (1997) / ゲーム

  4. 04. Fight Club (1999) / ファイト・クラブ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。